糖尿病/物忘れ教室についてのお知らせ
毎月第2土曜日に開催していました糖尿病/物忘れ教室ですが、コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、来年の3月まで中止とさせて頂きます。
皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

注記:新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや国や県などの動向により、変更になる場合もあります。
DDSTだより(第39号)

小川病院では、糖尿病/物忘れサポートチーム(Diabetes/Dementia Support Team;DDST)を立ち上げて、鳴門地区の糖尿病/認知症患者の減少と地域への情報発信を目的に、『糖尿病/物忘れ教室』を月1回開催しております。




平成29年9月からは、当院に「糖尿病/物忘れセンター」を設置し、これからも糖尿病/物忘れサポートチーム(DDST)が運営して参ります。
第39回糖尿病教室では、糖尿病教室では、足立医師より、STOP フレイルについてお話しさせて頂きました。

         
     
コロナウイルス感染症の影響により、この度は外来受付にて少人数で開催いたしました。超高齢社会に重要視されるフレイルを糖尿病、認知症と関連付け示したところ、その対策などに共通点が見られました。また、これらの予防・対策の重要性をお話しさせて頂きました。



4年目のまとめ
参加の人数の推移や居住地分布図、糖尿病教室の意義と役割などをお話させて頂きました。糖尿病は認知機能低下の大きな危険因子です。今後も参加人数を増やし、地域に根付いた活動をしていきたいと考えています。


今後の糖尿病教室についてのお知らせ
毎月第2土曜日に開催していました糖尿病/物忘れ教室ですが、コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、来年の3月まで中止とさせて頂きます。
皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。
注記:新型コロナウイルス感染症の今後の感染の広がりや国や県などの動向により、変更になる場合もあります。

第39回 糖尿病/物忘れ教室についてのお知らせ
7月11日に予定しておりました第39回糖尿病教室ですが、講義とコグニサイズは中止し、今回講義予定だったレジュメと皆勤賞の方は賞状と粗品をお渡しさせて頂きます。今回お越しになられなかった皆勤賞の方は、後日郵送させていただきます。
ご了承いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。