医療法人 緑会 小川病院

お知らせ 


小川病院 糖尿病/物忘れセンター糖尿病/物忘れ教室のご案内
~糖尿病予防は認知症予防の第一歩~


いつもこの教室をご支援いただきまして感謝申し上げます。
小川病院では、糖尿病/物忘れサポートチーム(Diabetes/Dementia Support Team;DDST)を立ち上げて、鳴門地区の糖尿病/認知症患者の減少と地域への情報発信を目的に、『糖尿病/物忘れ教室』を月1回開催しております。
平成29年9月から、当院に「糖尿病/物忘れセンター」を設置して、これまで以上にきめ細かく活動し、鳴門地区の糖尿病/早期認知症患者の悪化・増加を防ぎ、そして情報発信し、徳島県の同患者の減少につなげたいと考えております。


第38回糖尿病教室ではこもれびの家・撫養 杉田 由美より認知症ケアの現状についてお話します。認知症という病気を正しく理解し、誤解や偏見なく対応することが求められます。たくさんの方のご参加をお待ちしております。


第38回 糖尿病/物忘れ教室

内容 :認知症ケアの現状

とき :2019年2月8日(土)
      午後4時から午後5時

場所 :小川病院 6階 会議室
    小川病院正面玄関よりお入りください。

講師 :こもれびの家・撫養 杉田 由美


講演終了後 認知症予防を目的とした簡単な運動(コグニサイズ)を行います。
 

お問い合わせ・お申込み
小川病院
088-686-2322 
〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田字北浜99番地
DDSTだより(第37号)
小川病院では、糖尿病/物忘れサポートチーム(Diabetes/Dementia Support Team;DDST)を立ち上げて、鳴門地区の糖尿病/認知症患者の減少と地域への情報発信を目的に、『糖尿病/物忘れ教室』を月1回開催しております。


平成29年9月からは、当院に「糖尿病/物忘れセンター」を設置し、これからも糖尿病/物忘れサポートチーム(DDST)が運営して参ります。
第37回糖尿病教室では小川病院の西川享看護師、藤井良子看護師より、フットケアについてお話させて頂きました。 

              
糖尿病で血糖値が高い状態が長く続くと、神経障害や動脈硬化などが起こります。
動脈硬化は血流障害をおこし、結果、足にさまざまな異常が出やすくなります。
糖尿病予防は認知症予防の第一歩になりますのでしっかりと予防していきましょう。



認知症一口メモ
認知症一口メモでは、物忘れ相談プログラム(MSP)値の集団測定を行いました。
参加者30名のうち、5名に物忘れが始まっている可能性が疑われました。この5名のうち、2名は1年前は正常値でした。



コグニサイズ
また、コグニサイズ(メディアや様々な地域で多く取り入れられています)を行いました。コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称です。写真は吉村理学療法士の指導の様子です。





明けましておめでとうございます!! 2020年元旦

皆様お揃いで、おだやかなよい新年をお迎えのことと存じます。
1月4日(土)より診療となっております。
本年も宜しくお願い致します。
よいお年を

今年も残すところ僅かとなってまいりました。
皆様お揃いで、おだやかなよい新年をお迎えに
なられますようお祈り申し上げます。
年末年始は以下の通り休診とさせて頂きます。
(1日は夜間・休日当番医です)

令和1年12月29日(日)~令和2年1月3日(金)

年明けは、1月4日(土)から診療いたします。


小川病院 糖尿病/物忘れセンター糖尿病/物忘れ教室のご案内
~糖尿病予防は認知症予防の第一歩~

いつもこの教室をご支援いただきまして感謝申し上げます。
小川病院では、糖尿病/物忘れサポートチーム(Diabetes/Dementia Support Team;DDST)を立ち上げて、鳴門地区の糖尿病/認知症患者の減少と地域への情報発信を目的に、『糖尿病/物忘れ教室』を月1回開催しております。
平成29年9月から、当院に「糖尿病/物忘れセンター」を設置して、これまで以上にきめ細かく活動し、鳴門地区の糖尿病/早期認知症患者の悪化・増加を防ぎ、そして情報発信し、徳島県の同患者の減少につなげたいと考えております。


第37回糖尿病教室では西川享看護師、藤井良子看護師よりフットケアについてお話します。糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、神経障害や、動脈硬化などが起こります。動脈硬化は血流障害をおこし、結果、足にさまざまな異常がでやすくなります。
たくさんの方のご参加お待ちしております。


第37回 糖尿病/物忘れ教室

内容 :フットケアについて

とき :2019年1月11日(土)
      午後4時から午後5時

場所 :小川病院 6階 会議室
    小川病院正面玄関よりお入りください。

講師 :看護師  西川享・藤井良子


講演終了後 認知症予防を目的とした簡単な運動(コグニサイズ)を行います。
 

お問い合わせ・お申込み
小川病院
088-686-2322 
〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田字北浜99番地
DDSTだより(第36号)

小川病院では、糖尿病/物忘れサポートチーム(Diabetes/Dementia Support Team;DDST)を立ち上げて、鳴門地区の糖尿病/認知症患者の減少と地域への情報発信を目的に、『糖尿病/物忘れ教室』を月1回開催しております。



平成29年9月からは、当院に「糖尿病/物忘れセンター」を設置し、これからも糖尿病/物忘れサポートチーム(DDST)が運営して参ります。
第36回糖尿病教室では小川病院薬剤師藤原裕士先生より、糖尿病のお薬についてお話させて頂きました。 



お薬を服用するにあたってお薬の事をしっかりと理解しておくことが大切です。
糖尿病予防は認知症予防の第一歩になりますのでしっかりと予防していきましょう。                  


認知症一口メモ
認知症一口メモでは、エンディングノート、リビングウィルについてお話させて頂きました。
エンディングノートとは人生の終末を記したノートで、リビングウィルとは生前の意思という意味の英語訳です。



コグニサイズ
また、コグニサイズ(メディアや様々な地域で多く取り入れられています)を行いました。コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した運動と認知課題(計算、しりとりなど)を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称です。写真は吉村理学療法士の指導の様子です。



第48回四国理学療法士学会



当院リハビリ部長福池映二と理学療法士秦 わかばが、令和元年11月23日~11月24日の日程で第48回四国理学療法士学会参加しました。
今学会は「理学療法改革」をテーマに特別講演2講演、教育講演1講演、シンポジウム1テーマ、セミナー3テーマに加え、一般演題として77演題の発表が行われ、各現場における現状・工夫・対応・課題等についての講演, 演題を聴講することができました。
秦わかば理学療法士は、今学術集会で口述演題発表の機会を得ることができ, 大変貴重な経験をさせていただきました。


演題名 ノルディックウォーキングが体組成および筋出力に及ぼす影響
秦 わかば (小川病院 リハビリテーション部) 柳澤幸夫 (徳島文理大学保健福祉部 理学療法科)
戎谷友希  (小川病院 リハビリテーション部) 福池映二 (小川病院 リハビリテーション部)


写真は発表する秦 わかば理学療法士






今回の発表では参加者の方々から色んな視点からの質問・アドバイスをいただくことができ、内容を見つめなおすいい機会となりました。
今回の経験を, 今後の臨床において、より有効なリハビリテーションの提供に活かしていきます。


PAGE TOP